B log

製品開発から販売までをトータルサポートする ビジネスプロデューサー 

地域活性化事業について

最終更新: 2019年12月11日

こんにちは、つながるネット株式会社の森修です。


いつもブログを観ていただき誠にありがとうございます。


今回のテーマは「地域活性化事業」についてです。


昨今、地方では行政が中心となり民間企業と「地域活性化」をキーワードに様々な取り組みをしております。


地域活性化事業の言葉で、思い浮かぶのが


1つが、DMO(Destination Management Organization:デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)の頭文字の略で、観光物件、自然、食、芸術・芸能、風習、風俗など当該地域にある観光資源に精通し、地域と協同して観光地域作りを行う企業や事業。


2つ目が、6次産業(農・林・水・畜産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表し、多角化の経営や事業を行う)ですね。


もちろん、この2つ以外もあります。


ただ何れにしても、それぞれの目的や事業規模で方向性が大きく変わってきます。


特に地方の人口が減少している地域では深刻な問題で、人口減による人手不足や高齢化による産業衰退から不のスパイラルに陥り、何をしても歯止めが効かない状態です。


では、どうすれば歯止めが効くのかを考えますと。


一言で、「儲かれば」良いのです。


そうです。


この地域で仕事をすれば「儲かる」と感じさせれば良いのです。


この地域にある産業が先駆者となり、稼げる産業に変えれば、その地域の産業全体が活性化し、雇用が生まれ、人が集まり、街が復活していきます。


中には、その地域の人、人情、風土・風習、気候、景色、などを気に入り、移住される方も多く居ますが、大半の場合は、稼げる儲かる場所である都市へ移り住む場合があります。

若者がそうですね。


ただ、「儲かる」ようにすると言っても、そんな簡単にできるものではない。


と言われる方も多いと思います。


確かに、すぐに結果が出せるものは少ないです。


ただ、可能か不可能かと聞かれれば、私は「可能です」と答えます。

補填として言いますと、可能にしなければならないと考えています。


DMOなどの観光産業や6次産業化も共通するのが、その地域の「立地」「風景」「農・林・水・畜産物」「料理」「観光建築物」「歴史や風土・風習」


以外に


「水」「空気」「土」「気候」「人や人情」「雑草」「農・林・水畜産物の排泄物や廃棄物」までも取り込むことで差別化となり、新たな商品が誕生します。


パートナー様と新たな製品開発や事業について話しをしていると、ここにしかない「眠る資源」が出てきます。


実は、パートナー様は知っているのですが、自分が営んでいる事業目的が違うため、気づいていない場合が多いです。


勿論、パートナー様は地域活性化と云った大きな事は考えておらず、廃棄していた物を製品化した際、自社では手に負えない状況になり、地域の同業者の協力を得て規模が拡大し、結果的に地域活性化につながって行く事例がほとんどです。


私の考える地域活性化は、本当の意味で「眠る資源」を掘り起こすことで、先駆者となり地域が儲かる仕組みを作ることだと考えます。



つながるネット株式会社では製品開発から販売までをトータルプロデユースさせて頂いております。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。


ご相談の予約は ↓↓↓↓ こちらまで

https://www.tsunagarunet.info/book-online



メールマガジンも配信しておりますので、ご興味ある方はご登録お願いします。


近日、メールマガジン内で製造業の為の売上右肩アップ無料講座を動画で配信する予定です。



178回の閲覧

© 2023 著作権表示 つながるネット株式会社で作成されたホームページです。

087-805-5011   |   info@tsunagarunet.info

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram