フォトスタジオ


ランディング クリエイターズ サポート
Branding & Creators Support

 

「ブランド」というのは、簡単に言えばある商品を別の(類似した)商品から区別するための要素です。

商品のデザインやシンボルマーク、ブランドロゴ、商標、名称、キャッチフレーズ、記号など、

さまざまな要素が組み合わさってブランドを形作ります。

この「ブランド」を消費者に認知させ、市場におけるニーズを知り

自社(製品、商品、サービス)の強み・ポジションを明確化するのが「ブランディング」という活動です。

​企業・事業・商品の特徴を活かした「ブランド」でなければ市場に受け入れられません。

グラフィックデザインワークスペース

ブランドデザイン・商品デザイン

01

01

デザインは「お洒落」で「格好いい」ではありません。

企業や事業そして商品の特徴などを、

ご利用頂きたいお客様に伝えることが大事です。

​それを具現化したものが「シンボルマーク」であり

「型」でなければなりません。

ブランドデザイン・商品デザイン

ブランドデザイン・商品デザイン

advertising-1867286_1920.jpg

02

写真などの画像はブランドを高める為には大事な要素です。

今では手軽に個人でも撮影し、編集もできますが、

元の画像が悪ければすべてが台無しになります。

それぞれの「人」「商品」「場面」本質を引き出す

“ 最高の1枚 “が市場を動かします。

フォト撮影

camera-408258_1920.jpg

03

企業や事業そして商品のPR活動ではTVなどの

メディアを活用した方が、文章よりも理解力が高まることは

ご存知かと思います。

​今では動画による宣伝活用はSNSを利用すると手軽に

便利になっています。

​動画撮影

レスポンシブウェブサイト

04

ウェーブページ作成

ウェーブページには「ホームページ」「ランディングページ」「ショップページ」など様々です。

注意したいのは1度作成すると終わりではありません。

自社や市場を取り巻く状況に合わせて更新する必要があります。

​特に商品などを「売りたい」「案内したい」のであれば見せ方やSEO対策が大事です。

camera-408258_1920.jpg

05

​グラフィックデザイン 印刷物

デジタルの時代になり、紙媒体の印刷物やリーフレットよりもという意見が増えました。

しかし、手に取った感触や紙の音、紙のデザインから感じる優しさや情熱はスマートフォンやパソコンでは感じられない感覚です。

​お店や会社へ来た人が